京都府木津川市相楽川ノ尻27-74  営業時間9:00〜18:00  月曜・第2火曜定休

お家での爪切りのやり方

 

おうちで美容シリーズ

 

爪切りの必要

フローリングの上を歩いている犬の足元からカチャカチャと音が鳴っていたり、方向転換の際に犬が滑っている様子が見られたら爪を切るタイミングかもしれません。

犬の足先をチェックしてみてください。

 

 

 

 

このようにパット大幅に伸びて地面に圧迫されて歪んでしまっている爪や親指にあたる狼爪が巻いてパットに刺さっているようなことになっていないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

爪が伸びていくのを放置してしまうと爪が地面に圧迫されてパットが浮いてタイヤの役目をしないほか、ひどくなると体重がかかることにより爪の生え際の圧がかかりすぎて根本から折れてしまったり爪が歪んで、足先の骨格まで歪んでしまうことになります。

また爪が伸びて滑ることで膝や腰を痛めたり骨折したり、その上転倒や落下を招き打ち所が悪いと命を落としてしまうことにもつながります。4本足で歩く動物だからこそ足元の健康をしっかり管理してあげてください

それでは爪切り作業についての説明です。

必要な道具

 

爪切り

ギロチンタイプ

ニッパータイプ

犬用の爪切りには2タイプあります。

輪の中に爪を入れて刃が上がってきてカットするギロチンタイプとハサミのように挟んで切るニッパータイプです。

どちらもで使いやすいようを使用してかまいませんが主に小型犬中型犬はギロチンタイプを使用します。極端に硬い爪や太い爪はニッパータイプを使います。

猫用の爪切りもショップには売っていますが、猫のように爪が薄くなく硬いので切れるというより、爪を押し潰してしまうことにもなりかねんませんので犬用を使用してください。

猫用

 

猫用もプロが使用することもありますが巻き爪の狼爪や、子犬の柔らかい爪などに使用したりするのでその状況判断ができる方は使用しても良いと思います。

人間用の爪切りでは到底切れませんので専用のものを用意して下さい。

ヤスリ

 

切りっぱなしだと角が引っかかって人の皮膚や家具を傷つけたり、自分の顔を後ろ足で書いたときに目や耳など裂傷になるのでやすってあげるのがベターです。

これは人間用のネイルのもので構いません。

止血剤

爪を切った時に、出血してしまった時に使う薬剤です。

主にどこのペットショップでもこのクイックストップという名の止血剤を使用しています。

切りすぎてしまったり血管が伸びていた場合は出血しますが、少量であれば圧迫で止まります。しかしポタポタと出るぐらい止まらない時は止血剤で血管を焼いて止める方が早いです。小さな小鳥などの場合は昔は線香で焼いたりしてました。この止血剤の原理は同じように焼いて止めることと同じだと聞きました。黄色い粉状ですがネットでも買えますが14グラムで4000円近くするので一頭のワンコでは使い切ることはないかと思います。高額ですので病院やペットショップで小分けにして売ってくださるところもあるそうですので確認してみてください。ちなみに当店に美容に来てくれているワンコちゃんはお家で爪切りするので止血分けてくださいとおっしゃっていただければ一回分無料でお分けします。

 



実際の爪切り

犬の爪は伸びると中の血管と神経も一緒に伸びます。

血が出ないように白い伸びた部分だけを切ってあげてください。

黒い爪に関しては色では判別できないので先から少しずつ切ってあげてください。

赤い点線のところまで血管がありますのでこの少し2ミリほど先を切ります。
点線できると血が出ます。

 

 

 

 

 

 

切れたらヤスリで角を丸めてください。

 

うちの秋田犬のなつめの爪切りで説明しました。

なつめは慣れているので「やめて〜」がペロペロぐらいの反抗ですが、ワンコによっては噛んだり暴れたりする子もいますので無理せず、お家で少しずつ慣らしながらチャレンジすることをお勧めします。飼い主さんもワンコも怪我のないようにするのが絶対条件ですのでお家で無理そうなら獣医さんか美容室で切ってもらってくださいね。

それでは素敵なワンコライフを!

より詳しく知りたい方はこちらを参考に。
持ち方、ギロチンタイプの使う方法など詳しく説明しています。

参考 ワンコのおうちでの爪切りのやり方TRIMMER TALK

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です